お申込について

現在、ドコツー定額はソフトバンク様経由でのお申込を受け付けております。ソフトバンク様の御社ご担当窓口か、あるいはソフトバンク モバイルソリューションマーケットからお問い合わせください。

ソフトバンク モバイルソリューションマーケット

携帯料金と同時請求

ソフトバンク様経由でのご契約のため、ソフトバンク様からの毎月の携帯電話料金と同時のご請求になります。

新たな支払方法を増やすのではなく、毎月の携帯電話料金と同時のご請求になりますので、新規の取引口座開設といった御社内部での事務手続きが不要です。携帯電話やタブレットと一緒に利用するサービスですので、関連サービスとしてまとめてお支払いいただけます。ドコツー定額のサービスは入会金・解約金は一切不要ですので、携帯電話・タブレットの新規契約や解約に伴って、別に費用が発生することもありません。

ご利用いただく携帯電話・タブレットの端末1台ごとに、1IDのご契約が必要ですので、その点についてはご承知おきください。(設定されたIDに対して、TV電話を行う仕組みとなっておりますので、1つのIDを複数の端末に設定してご利用いただくことはできません)

本物の人が通訳します

TV電話通訳だからAI翻訳機では難しい看板やパンフレットを見ながら文字を訳すこともでき、様々なシーンで活躍できます。

通訳者に依頼して通訳当日にアポイント場所に来ていただいて通訳をしていただくコストは、普通1日単位になってしまい、実際の利用時間から考えるとコスト高になってしまうことも否めません。また、AI翻訳機も非常に進化しており、話し言葉の聞き取りや、その翻訳も便利にご利用いただけるようになっておりますが、通常の会話における省略された部分を補完したり、看板・地図・パンフレットを一緒に見ながら通訳していくといったことは難しい状況です。TV電話通訳であれば、必要な時に必要な時間だけご利用いただくことが可能で、また、身振り手振りと一緒に細かいニュアンスを伝えるといった状況や、映像からの文字読み取りも可能です。通訳といったシチュエーションにおいて、TV電話を活用したドコツー定額はコストパフォーマンスに優れ、品質や利便性の高いサービスです。

■言語別対応可能時間・曜日一覧表

言語 利用可能時間 利用可能曜日
英語
中国語
韓国語
ポルトガル語
スペイン語
24時間 365日
ベトナム語 9:00~20:00
(土日祝)10:00~20:00
365日
フィリピン語
タイ語
ネパール語
ヒンディー語
10:00~20:00 365日
フランス語
ロシア語
10:00~18:00 土日祝除く
インドネシア語 10:00~17:00 平日月・金

毎月自動チャージ

毎月自動的にご契約の利用時間分がチャージされ、当月分は翌月末まで自動的に持ち越せます。設定予算範囲内でのご利用になりますので、超過料金が勝手に発生することはありません。

ドコツー定額ではご契約いただいているプランに紐づいているIDにご利用時間分を毎月1日にチャージします。このとき、前月チャージした残り分数については自動的に持ち越されますので、それほど使わなかった月であったとしてもチャージを無駄にすることがありません。また、逆にチャージ分数を使い切ってしまえば、その時点で接続が切断されますので、超過料金が勝手に発生することはありません。設定予算範囲内でご利用いただける点がドコツー定額をご利用いただくにあたってのオススメポイントの一つです。もし、追加チャージが必要な場合は、インターネット上でクレジットカード決済による追加チャージを行うか、全国のヤマダ電機あるいはファミリーマートで販売している「Dokotsuプリペイド」のプリペイドカードをご購入いただき、クーポンコードでの追加チャージをすることも可能です。

チャージ翌月持ち越し

入会金・解約金ゼロ

入会金・解約金のいずれもかかりません。毎月15日までにプラン変更をお申し出いただければ、翌月からのチャージ内容から反映します。

お申込みいただいているプラン数に変更がある場合は、毎月15日までにプラン変更をお申し出いただければ、翌月1日のチャージ内容から反映します。IDとプランの紐づけについては、管理ポータル画面にて、いつでも入替することが可能です。(月末日23時から翌3時までのメンテナンス時間を除く)

プラン数変更に伴う入会金・解約金などは不要ですので、ご利用状況によってプラン数の増減や、あるいはID別の契約プラン入替などを行っていただき、最適なプラン設定にしていくことも可能です。